自律する市民の集うまちかなざわ 軽やかに素早く常に金沢のセールスマンとして 世界の国際交流都市金沢の実現に向けて 都市は相対的な価値より絶対的な価値の時代へ
ゆきよしチャンネル ゆきよしチャンネル
山野之義facebookページ
日本一熱い!金沢を売り込むセールスマン
山野ゆきよし

昭和37(1962)年3月30日生まれ。長町小・野田中・金沢泉丘高・慶應義塾大学文学部仏文科卒。

ソフトバンク(株)を経て、平成7(1995)年4月、金沢市議会議員選挙に立候補、初当選。4期務める。
平成22(2010)年11月、金沢市長選挙に立候補、初当選。平成26(2014)年8月辞職。
10月出直し選挙にて再選。

任期中は、ほぼ毎日市内を廻り多くの市民との交流および新しい金沢にむけて精力的に活動する。
著作「このまちの手ごたえ」、「確信の手ごたえ」(ぎょうせい)、「私の尺度」(北国新聞社)、「一夜一冊」。その他、多くの論文を発表、講演も多数あり。
家族は妻、一男一女。
市長任期中の講演回数 230回。市内194回、市外26回、国外10回市内各種団体とのミーテイング1,000回以上