未来への5つの約束しくみ

未来への5つの約束

当たり前の言葉ではもう語れない未来がある

未来への5つの約束

知恵の5角形(Pentagon)

知恵5角形(Pentagon)で郷土魅力ばす

しくみ
県民目線に立った大胆な行財政改革の実施
5つの約束における、すぐ取り掛かる「重点施策」
すぐ取り掛かる重点施策
すぐ取り掛かる重点施策

県内企業の職場環境改善のモデルケースとしての改革

  • ◎県庁のプロジェクトをデジタル化して政策を強力に推進するため、知事自らがトップに就く「デジタル化推進本部(仮称)」を設置します。
  • ◎電子申請等、行政のオンライン化、フリーアドレス化を推進し、効率的な行政を運営します。
  • ◎男性の育児参加の機運を醸成するため、県庁男性職員の育児休業取得を進めます。
  • ◎住民サービスを向上させていくためにも市町の広域連携を支援するとともに、他県との連携を強化します。
  • 事自らが定期的に記者会見を行い、誰もがわかりやすい広報活動に努め、知事自ら力強いトップセールスを行い、石川県の魅力を県内外に伝えていきます。。
5つの約束における、すぐ取り掛かる「重点施策」
未来に向けての充実施策

仕事の進め方を、変革!

安心して暮らせる医療・福祉の充実
前例踏襲ではなく、仕事の進め方を常に変革!を求める「カイゼン」体質に変えていきます。行政も、常にチャレンジすることが評価されるシステムに移行する必要があります。

見えないところでICTを活用

安心して暮らせる医療・福祉の充実
ICT、AIの活用した県民サービスの質の向上を図ります。あくまでも、影の立役者として県民がテクノロジーに振り回されることとならないように細心の注意を払います。

市町行政サービスとの一元化

安心して暮らせる医療・福祉の充実
二重行政のようなムダは、県民にとっても行政にとっても非効率なことです。市町と協議を重ね二重行政解消によるコスト削減一元化に向けてのシステム構築を進めます。

女性の幹部への積極登用

安心して暮らせる医療・福祉の充実
女性幹部の登用は、本来は、民間に先駆けて進める分野だと思います。各種審議会等の女性委員比率を高めて行き、この体制が、新しい「当たり前」になるようにしていきます。

民間活力の導入

安心して暮らせる医療・福祉の充実
民間の力を最大限に活用して、住民サービスを維持していくしくみを更に推し進めます。※SIB(ソーシャルインパクトボンド)やPFS(成果連動型民間委託契約方式

証拠に基づく政策立案

安心して暮らせる医療・福祉の充実
政策の企画をその場限りのエピソードに頼るのではなく、政策目的を明確化したうえで合理的根拠(エビデンス)に基づく決定のシステムを構築してよりバランスの良い政策立案が出来るようにします。
知恵の5角形(Pentagon)

知恵5角形(Pentagon)で郷土魅力ばす

facebook
Twitter
インスタグラム
YouTube
Blog
PAGE TOP